メガロックカーニバル EXTEND

本編に入って欲しかった名曲を20曲以上追加!

本作品は、今年の6月29日に誕生したロックマンの一大ファンアルバム、
『メガロックカーニバル』に“収録されなかった曲”を大幅に追加収録した作品になります。

ロックマンの生誕25周年を記念し、歴代ロックマンサウンドの生みの親に加え、
40名を越えるクリエイターにご参加頂いた本編は、お蔭様に非常に多くのご反響を頂きまして。
その後も、収録されなかった楽曲を惜しみ、それを保管した続編を望む声を沢山頂いておりました。

そして、今年の12月17日に、ロックマンは生誕26周年を迎えます。
今回はそれを記念し、現在第一線で活躍中の気鋭の若手作曲家を中心に、
新たなクリエイターと、業界の第一人者までを交えた大型のファンアルバムとして、
今年最後の機会に贈らせて頂きたいと思いました。

選曲に当たっては、「本編に収録されていたらもっと嬉しかった!」と思われる人気曲を
歴代シリーズからなんと20曲以上も一挙に網羅し、本編のファンアルバムとしては
異例の大ボリュームになっています(笑)

私は、ファン活動とはファン自身の手によって行われ、育まれるものだと思っています。
そのため、今回は20代~30代前半の若手作家を中心とし、
楽曲からマスタリング、イラストに至るまでご担当をいただきました。
この方々は現在、それぞれの世界で、鋭意活動されている気鋭の方ばかりです。

お気に入りの作品が見つかりましたら、是非その方のご活動もチェックされてみて下さい。
そうやって色々な方のご活動に興味を持って頂くことが、ロックマンやゲーム音楽はもちろん、
引いては、音楽活動全体の輪を広げていくことにも繋がると、私は信じていますので。

それでは、またロックマン生誕30周年の機会にお会いしましょう!(笑)

2013年 12月 音楽サークル『EtlanZ』(エトランゼ) 代表:えくす(EXCELSIA)

1 ココがオススメ!

全23曲・80分限界まで新たに追加収録!異例の大ボリューム!

2 参戦メンバー

楽曲提供

hally
hally解説
ちょむP
ちょむP解説
NES BAND
NES BAND解説
司/19G
司/19G解説
グラサンねこ
グラサンねこ解説
Riz
Riz解説
山岡 稔
山岡 稔解説
Robokabuto
Robokabuto解説
Bun
Bun解説
hydden
hydden解説
たかな
たかな解説
Tappy
Tappy解説
Naoya
Naoya解説

デザイン制作

野愛におし
野愛におし解説
TechnoBreakerZ
TechnoBreakerZ解説
gend
gend解説

企画・主催

えくす
えくす解説
ボスキャラ集合
ヘッダー

3 収録曲リスト

タイトル・制作者
カットマン
クイックマン
ワイリーステージ1
ヒートマン
バブルマン
スパークマン
エンディング
スカルマン
トードマン
ブルースステージ1
ワイリーステージ2
ジャンクマン
フロストマン
KING OF BLADES
サンゴッド戦
RUNNING THROUGH THE CYBER WORLD
TIME RIMIT
Cannon Ball
Esperant
ムー大陸
アーマー・アルマージ
バブリー・クラブロス
Awake Road Again
ボスキャラ集合

4 作品情報

ジャケット表面
メガロックカーニバル EXTEND 音楽CD1枚組

収録曲数:23トラック
収録時間:約77分

フルカラープックレット同封!
2013年12月31日 コミックマーケット85にて頒布開始!

ポストカードサムネイル
クロスフェード・デモ
再生する

演奏時間:約12分

曲リストの順番に再生されます
頒布情報

・コミックマーケット85 12月31日(火)3日目 西2ホール こ-24a EtlanZ

・コミックマーケット85 12月30日(月)2日目 東2ホール X-45b Guiltism にて委託頒布!
 (Guiltismさん側でも、ロックマンXの20周年を記念した素敵な同人誌を作られており、双方でコラボしてます!)

R,styleバナー

メロンブックス

とらのあな

あきばお~

・デジタルステージ

リンクバナー

5 この作品について

本作品は、ゲーム音楽のファン活動によって作られた同人作品です。
原曲のメーカー様とは一切関係ございません。
また頒布は同人関係のイベントを中心に行われ、
一般の書店・レコード店に流通がされることはありません。

参加者の皆様へのご迷惑にならないためにも、楽曲の無断使用や転載、
中古店への転売やオークションへの出品、動画サイトへのアップロードなどは、
くれぐれもご遠慮下さいませ。

なお、本CDの中に気に入られた曲がございましたら、
是非原作のゲームやサントラもチェックしてみて下さい。
このCDでお伝えしている魅力は、ほんの一部に過ぎません。
原作はもちろん、これを機会に各参加者のライブやイベント、
演奏動画などにもご興味を持って頂けると嬉しいですね!

メニューへ戻る